スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -| - |
| トップ | 失敗しない子犬の選び方 >>
子犬がなりやすい病気

子犬は免疫力も低く、病気になりやすいです。
犬の飼育暦15年の愛護スタッフの私が解説します。
子犬は、免疫力が低いために、病気に感染して死に至ることも。
病気について詳しく知っておきましよう。
子犬がなりやすい病気


子犬がなりやすい病気を解説していきます。
ケンネルコフという病気を聞いたことありますか?
これは、感染病の1つです。
子犬が多く感染しやすいですが、
成犬でも十分に感染する可能性があります。
ケンネルコフとは


子犬がなりやすい病気について解説して行きます。
ジステンパーという病気、聞いたことありますか?
ジステンパーは、空気感染をする病気で、繁殖力が
非常に強いので注意が必要です。
ジステンパーとは


低血糖とは何でしようか?
これも、子犬や子猫に多く見られる症状の1つです。
糖分の摂取が少ないと、貧血のような状態になってしまいます。
低血糖を解消するには、まず、水に砂糖を溶かして、
砂糖水を作ってください。
低血糖とは



子犬の飼い方 | 10:44 | - | -| - |
スポンサーサイト
- | 10:44 | - | -| - |