スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -| - |
<< 子犬がなりやすい病気 | トップ | 子犬はどこで買う? >>
失敗しない子犬の選び方

子犬の選び方は慎重に。
誰も教えてくれないことをお教えします。
子犬の選び方は、なかなか誰も教えてくれないですよね。
でも、重要な選び方のポイントがあるんです
失敗しない子犬の選び方


信頼出来るブリーダーとは?
まず、犬を迎える前に信頼出来るブリーダーを
探すことが大切です。ブリーダーを訪れた際に、
ちゃんと清潔になっているか?犬たちは汚れていないか?
衛生的に清潔が維持されているか?
信頼出来るブリーダーを探す


私も、”このペットショップなら安心で大丈夫だ”
というペットショップを1つ持っています。
店長とも顔見知りになり、何かと声をかけてくれます。
そんなペットショップを1つでも持っておくと、
犬を飼うときにも大変、役に立ってきます。
信頼出来るペットショップとは


元気のある子、たまにショーケースの中で
走り回っている子を見ますよね。
元気過ぎて…と思うかもしれませんが、子犬は少し
元気なくらいがちょうどいいですよ。元気が無くて
グッタリしているほうが心配になっちゃいますよね。
元気のある子ってどうなの?


元気な子もいれば、ぐっすり眠っている子もいます。
元気なのも、健康な証拠ですが、ぐっすり眠っている子も
健康な証拠です。子犬は、1日の半分以上を寝て過ごすと
いわれていますので、心配は無用です。
寝ている子ってどうなの?


ウンチもオシッコも散らばった状態のペットショップがあります。
とても不清潔ですし、見た目にも悪いですよね。
私は、そんなお店を見ては、苦情を言うこともあります。
犬の健康にもよくないし、菌が繁殖して病気になる可能性だって
あるんですよ。
糞尿が散らばっていないか?


たまに、血便をしている子がいます。
私も1度見たことがあるのですが、すぐに苦情を言いました。
血便をするということは、何かしら体に異常があるからです。
または、体温調節がちゃんと出来ていないときなど。
どちらにしろ、体調が悪いという証拠です。
血便をしていないかチェック!


ウンチやオシッコを踏んで、足やおなかが汚れている
ということは、よくあります。
足元がオシッコで黄色くなっているということもあるので
大丈夫ですが、異常なくらい汚れているというのは、
やっぱり、管理出来ていないように見えてしまいます。
子犬は汚れていない?


ペットショップでは、犬を抱っこすることも出来るので、
抱っこしたときに、耳の中は綺麗か見てあげましよう。
耳の中が綺麗な場合は、いいのですが、汚いときは、
ちゃんと手入れをしていないという証拠になりますね。
外耳炎の原因にもなり、いいことではありません。
子犬の耳と目を見ましょう


ペットショップでは、床にシートが敷いてあるところと、
新聞紙を細かくしたものを敷いてあるペットショップと
2通りあります。床に敷いてあげるのは、やっぱり
新聞紙よりもシートのほうがいいです。
ショーケースの中にシートは?


エサをあげている器は、大抵は犬用の器を使っている
ところが多いですが、ですが、シートのように
新聞や用紙を使っているところもあるんです。
紙を10センチほどの正方形に切って、それを数枚重ね
その上にフードを置いているんですね。
エサをあげている器を見る


水は、一時だけ出して、すぐに閉まってしまう
というところが多いです。
ですが、出来ることなら水は常に出しておいて欲しいです。
夏場はとくに暑くなり、脱水症状を起こしてしまいます。
また、室内でも日射病にはなってしまいます。
水は常備されているかチェック


最近は、ペットショップでも犬を触らせてくれる場所が
多いですが、よーく見てみましょう。
犬を抱っこするとき、消毒はさせていますか?
消毒は、犬を病気や菌から守るために大事なものです。
子犬を触る際に消毒してる?


万が一の犬の保険を知っておきましよう。
いざというときに犬の保険というのもあります。
いつ病気をするか分からないので、入っておくといいでしょう。
子犬を飼う際に、ペットショップの方から、
保険に入ることを勧められます。
犬の保険をチェック


子犬の飼い方 | 10:46 | - | -| - |
スポンサーサイト
- | 10:46 | - | -| - |