スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -| - |
<< 子犬はどこで買う? | トップ |
子犬を飼う前に必要なもの

子犬を飼う前に、必要なものがあります。
また、1つでも欠けるものがあれば、
子犬を飼うのを見直してください。
子犬を飼うには、大きな覚悟が必要です。
喋ることが出来なくても、相手は生き物。
子犬を飼う前に必要なもの


犬は可愛い生き物です。しかし可愛いだけでは飼えません。
ペットショップで一目ぼれをし、可愛いからと飼ってしまった…
でも、可愛いだけでは飼えません。後々後悔するのは
人間ですが、不幸になるのは、いつも犬です。
犬は可愛いだけじゃ飼えない


犬も人間も、いつか終わりがあります。
見送らなくてはならない日が来ます。
犬を飼ったら、いつか別れがきます。
そして、飼い主はそれを見送らなくてはなりません。
永遠の別れを受け止めておく


犬が好きだと言っておきながら、
犬や動物を虐待する人が多いです。
きっと、人間の虐待よりも多いのではないでしようか?
犬との信頼関係を築くには、愛情を与えることが
一番の近道です。
犬に愛情を与える


犬には、愛情を与えることが大事です。
愛情を与えないと、ストレスになってしまいます。
犬を飼ったら、接してあげられる時間はありますか?
一人暮らしで飼っている人もいますが、
1日中、誰か家にいて犬と接してあげられるほうが、
犬にとっては良いです。
犬と一緒にいる時間


犬は、人間と同じようにエサを食べます。
子犬は、朝昼晩。成犬は、朝昼。
毎日、エサ代がかかってきます。
そして、人間と同じように病気もします。
骨折をしたら、レントゲン、手術なども。
経済的な余裕も必要です


居住のルールが守れていない飼い主が多くみられます。
そんな人にならないように、見てみましょう。
まず、犬は飼育許可を得た場所でないと飼えません。
ですが、今は犬が許可されていない場所でも、
犬を無断あるいは隠して飼っている人が多すぎます。
居住スペースを確保しておく


犬は、約15年から16年生きると言われています。
その間、犬と飼い主は一緒に暮らしていくことになります。
あなたは、15年後何をしていますか?
出張で海外に。結婚して、家を出る。
留学のために家を出る。生きていますか?
15年後何をしていますか?


まず、犬を飼うのに、犬アレルギーの人は、
なるべく避けるようにしてください。
アレルギーは酷いもので、死に至る場合もあるようなので
しっかりと考慮してください。
犬のアレルギーを知りましょう


犬は、人間の妊娠と出産によくないといわれています。
よく、妊娠がわかったので犬の里親を募集しますというのを
目にします。飼い主が女性であれば、そうなるケースも
多いようです。犬は、一般的には妊婦に良くないと
言われているので、身内の方から手放せといわれることも。
妊娠や出産をした時は



可愛いだけで飼うことは出来ません。
そこで犬の飼育暦15年の愛護スタッフが
子犬の飼い方と選び方を伝授します !
★★失敗しない子犬の飼い方・選び方★★

子犬の飼い方 | 10:55 | - | -| - |
スポンサーサイト
- | 10:55 | - | -| - |